Singapore is now Asia's biggest investor in U.S. property | シンガポール、中国を抜き米国不動産業界におけるアジア首位へ

Singapore has overtook China as the biggest investor in Asia in U.S. commercial property last year since 2012, according to data from Real Capital Analytics and Cushman & Wakefield Inc. 

Due to heavy crackdown by the Chinese government on corruptions and tax evasions, investments from China has dropped 66% to 5.9 billion.

Singapore's investment has jumped from $3.3 billion to $9.4 billion last year.

“We expect Singapore to continue to be the single largest source of Asian investments in the U.S. real estate markets,” said Priyaranjan Kumar, Cushman’s regional executive director of capital markets for Asia Pacific.

Singapore sovereign fund GIC accounted for almost three-quarters of the $9.5 billion purchases. Some of GIC's biggest investments are in the 60 Wall Street property in Manhattan as well as student accommodations.

Besides GIC, other Singaporean buyers include developers, real estate investment trusts and logistic companies. 

Singapore’s investments in commercial property globally rose by about 40 percent to $28.4 billion last year, beating a record set in 2015, according to the data, which include land as well as developed properties.


 シンガポール、中国を抜き米国不動産業界におけるアジア首位へ

 シンガポールは昨年、中国を抜き、米国の商業用不動産投資におけるアジア最大の投資家に。Real Capital AnalyticsとCushman&Wakefield Inc.のデータによると、2012年以来初めてこの都市は中国を凌駕するかたちとなりました。中国投資家による取引は、規制当局が資本流出に踏み込み、66%減の59億ドルとなっています。Cushmanのアジア太平洋地域資本市場担当副社長であるPriyaranjan Kumar氏は、「シンガポールは米国の不動産市場におけるアジア最大の投資の源泉であり続けるだろう」と述べ、データセンター、学生宿泊施設、物流に資金が流れ込む可能性があると付け加えました。ソブリン・ウェルス・ファンドGIC Pteは、シンガポールの投資額である95億ドルのほぼ4分の3を占め、これの投資対象には、マンハッタンの60 Wall Street(ドイツ銀行事務所の米国本部を保有)が含まれます。シンガポールは、カナダとフランスに次いで、米国での投資で見た世界ランキングで3位という形に。シンガポールの商業用不動産への投資は、昨年、約40%増の284億ドルとなり、2015年の記録を上回りました。政府による資金運営の健全性と効率性で高いパフォーマンスと名声を誇るシンガポールが、大国中国を抜き、投資額での影響力を見せつけています。今後もその数値の成長を匂わせるシンガポールの動向には、世界各地からの注目が集まっており、シンガポールが投資しているかどうかが一つの大きな指標にもなり得るかもしれません。


新加坡超过中国成为亚洲最大的美国房地产投资国

 新加坡去年超越了中国,成为了亚洲最大的美国房地产投资国。

“我们预计新加坡将继续成为亚洲在美国房地产市场投资的唯一最大来源,”库什曼亚太资本市场区域执行总监Priyaranjan Kumar表示。

主权财富基金GIC Pte占新加坡95亿美元购买额的近四分之三,投资了包括德意志银行美国总部所在的曼哈顿华尔街60号和一系列学生公寓。

新加坡的美国房产买家包括开发商,房地产投资信托公司和物流公司。从世界范围来看,新加坡排在加拿大和法国之后,在美国的全球投资者排名中位居第三。

新加坡在全球的商业地产投资去年增长了约40%,达到了284亿美元,打破了2015年的纪录。